新百合ヶ丘の絶品ケーキと焼き菓子のお店「リリエンベルグ」に出会った……

お気に入りのモノ

あなたは甘いものはお好きでしょうか?

寒くなるこの季節、甘いものが美味しく感じられるような気がしませんか。クリスマスケーキにチョコレート、暖かい部屋で食べるアイスクリーム……。

明確にはなっていないものの、脳科学的にも寒くなると人は甘いものを欲する理由として考えられることがいくつかあげられています。

冬に甘いものが食べたくなるのはどうして? 脳科学の専門家に聞いてみた - エキサイトニュース
春の気配が近づいているが、まだまだ肌寒さを感じる季節だ。寒いと、人は甘いものを欲するようになるといわれる。確かに、寒さの中で飲む、あたたかく甘いココアや、冬のアイスクリームは格別だ。特に冬に甘いものを...

そんな冬の最中、カマンベール、めちゃくちゃ美味しいケーキに出会いました。

それは、「リリエンベルグ」のケーキです。

ここのケーキとの出会いで、自分はとっても幸せな気分になることができました。実は自分は、そんなに甘いものが好きではないんです。それでも、ここのケーキを食べただけで頬が緩み、体が地面からふわっと浮き上がる気がしました。。。

今回はそんな「リリエンベルグ」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

リリエンベルグは小田急線新百合ヶ丘駅から徒歩15分の超有名店

「リリエンベルグ」は1988年に誕生した焼き菓子とケーキのお店で、小田急線新百合ヶ丘駅から徒歩15分です。

徒歩15分、というと割と遠く感じますよね。カマンベールは普段毎日40分ウォーキングしているので駅から徒歩で行っても平気でしたけど、そうでない方にとっては少し遠いな、と感じるかもしれません。

だけどそんなことはものともしないほど、連日行列ができる人気店なんです!

スイーツ好きなら必ず知っている有名店とのこと。

なんとこれまでにはこんな実績が。

  • オーナーシェフの横溝春雄さんは、あのグルメ漫画『美味しんぼ(44巻)』に登場している
  • 同じくオーナーシェフの横溝春雄さんはNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された
  • 食べログで「3.79」の超高評価。百名店スイーツEAST2019にも選ばれる(2019年)

カマンベールが行った日も年の瀬にも関わらず多くの人が来店しており、売り切れの商品が続出していました。

まるでジブリアニメに出てきそうな可愛らしい外観。うーんメルヘンだ。

リリエンベルグの生クリームが美味しい

今回食べたケーキは以下の3つのケーキ。

  • ザッハトルテ(400円+税)+生クリーム別売り(100円+税)
  • 焼チーズケーキ(300円+税) ※季節の商品
  • キャラメルブトン(420円+税) ※季節の商品

とにかく言えることは、リリエンベルグは生クリームが絶品!ということです。

ザッハトルテのチョコレートももちろん素晴らしいのですが、それを引き立てる別売の生クリームのしつこくない上質な甘さに感動してしまいました。

チーズケーキやキャラメルブトンの生クリームも、同じように甘さ控えめで他の素材を見事に引き立てつつ、絶妙な主張でいつまでも食べていたくなるケーキを作り出しているのです。

↑ザッハトルテに生クリームを添えて

混雑していても行く価値あり!

今回はケーキを紹介しましたが、リリエンベルグは焼き菓子も有名なのです。

詰め合わせの種類も豊富でプレゼントにも最適ですね。

時間があればあのメルヘンな建物でゆっくりカフェ利用もしてみたいなあ。

ちなみにリリエンベルグとはドイツ語で【百合の丘】を意味するそう。

「ここにこんなお店があってよかった」と思ってもらえる様な店にと願い名付けられたそうです。まさに地域に根差したお店を目指しているんですね。

できるだけ作り置きをせず、見た目を凝りすぎないようにしているそう(ホームページの作りも素朴でいいんだなあ)

駅から遠くても、並んででも食べたいと思うのも肯ける究極のスイーツがそこにはありました。ぜひあなたもこの幸せの味、知って欲しい!

「リリエンベルグ」、おすすめです。

リリエンベルグのホームページへようこそ

コメント

タイトルとURLをコピーしました